fc2ブログ

記事一覧

小松駅開業120周年記念列車

しらさぎ編成を使用した団体臨時列車が運転されたので、当会のメンバー数人も参加していました。
目的地は京都鉄道博物館。 とてもベタですね。 美味しいものを食べに小浜へ行くとか、氷見へ行くとか、琵琶湖を一周するとか、ユニバーサルシティ駅まで直通するとか、せめて梅小路機関区のある留置線までは客扱いするとか、ひと工夫があると乗っていても楽しいのですが、団体列車にも関わらず、「芸が無さすぎ」、しかも片道。 この車両の復路は回送だったとすれば、その回送列車が無駄じゃないかな、と感じました。
日本旅行の添乗員4人も居ながら、2時間半の移動時間のせめて30分でも、色々アナウンスする事も出来たでしょうに。
京都駅から徒歩約10分です」のパンフレット表記には呆れ果ててしまい、実際に掛った時間は25分。 小さな子ども連れや年配にはもっと車内でも積極的に市バスを活用するよう促せば良いのに、あえて「タクシーを…」と言うあたりには、もう添乗員の質の低下をハッキリさせられました。

DSC_9946.jpg
余りにもつまらない車内は個人的に楽しく遊ばせてもらったとして、出発セレモニーはきちんを実施されました。
小松市長、小松駅長、小松市消防本部吹奏楽隊はじめ、皆様誠に有難うございました。

DSC_9957.jpg
出発信号の合図をしてから市民号が走っていきました。 本番に先立ち、練習中です。

DSC_9958.jpg
編成には横断幕式の貼紙を用意してくれていました。 が、ここにお客さんが座るからと、すぐに剥がされる悲劇…。
6両のうち、3、2、1号車を通路扱いにしたのなら、初めから何故6号車に席を振るのかと、開いた口が塞がりませんでした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント